HOME > 在宅診療

在宅診療

在宅診療 寝たきりゼロをめざし、積極的な支援

在宅診療の特徴

ハンズグループのカイロプラクティックの特徴

 当グループでは、寝たきりや歩行に介助が必要な方を対象に、身体機能の維持・改善を図り、できるだけ自立した生活が送れるよう、主治医・介護士・介護ヘルパーさんなどと連携を取り、自宅にいながらのマッサージ治療をおこなっています。身体の自由がきかなくなり、寝たきりになってしまうと、認知症の進行(呼吸が浅くなり、体内の酸素量が減少)や、おむつ交換などの日常場面も困難に(股関節の可動域減少)なります。寝たきりは体力や気力を低下させ、様々な悪循環を生じさせます。
 在宅診療では、治療の一部として足首や足の付け根をマッサージしたり、動かしたりすることで、股関節の動きをよくし、身体を動かせる状態を作っていきます。
そうすることで、呼吸が深くなる⇒肺の動きがよくなる⇒血流が良くなる⇒新陳代謝が上がる⇒食欲がわく⇒お通じも良くなる、また、血液やリンパの流れが良くなる⇒皮膚も丈夫になり、褥瘡(じょくそう=床ずれ)も軽減、にも繋がります。
 寝たきりの方のデリケートな身体を、無理なく動かし、身体機能の回復を図ります。

患者様のお声
患者様のお声


平成15年頃、脊髄圧迫骨折により、通院が出来なくなり、ベット上の生活になりましたが訪問リハビリマッサージにより介護度は5ですが、体の硬直もなく100歳を向かえられました。

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862