ハンズブログ

2016年9月23日 金曜日

冷やすの?温めるの? その3

分析を見ているとこの話題に関するアクセスが
最も多いので、前回の内容をもう少し拡げてお話します。

急性は冷やす、慢性は温める。

このお話をしました。
これは、我が院で専門とする「外傷性」の決まり事で、
急性腰痛(ギックリ腰)や寝違い(むち打ち症)にも
当てはまる事なので、とにかく痛みが強く出たら冷やす。
これで間違いはないのですが、1部例外もあるんです。
それは「帯状疱疹」の痛みです。
これは痛みが出てたから、冷やすのではなく温める。
何より、帯状疱疹はケガではなく...
体力や免疫力の低下で、封じ込められていた
「水疱瘡(水ぼうそう)」のウィルスが表面化してしまう。
そういう病気なので、外傷=ケガではありません。
ただ、つい「肋間神経痛」や「肋骨骨折」に
初期症状がすごく似ているので、間違いやすいんです。

普段、自費診療で来院されている患者さんの中にも、
ケガで問い合わせ頂いて、来院されるケースは非常に多く、
自費診療中に色々とアドバイスする中で、その内容を把握
している方は、ケガの直後にアイシングの処置をして頂いて、
その後に来院と言う形が築け、ホントに助かっています。

そこで良く聞かれるのが、
「腫れる(はれる)」と「浮腫む(むくむ)」との違い。
ケガをするとその程度次第ですが、ダメージを受け、
熱を持った腫れが出てくる事が多い。
これは間違いなく腫れなんですが、アイシングや安静にする
などの処置によって、その熱を持った腫れは、徐々に
浮腫み(むくみ)に変化して行きます。
スポーツ外傷では24〜48時間がその「炎症期」と言う
熱を持った腫れを起こす時期になります。
その24〜48時間で「ヅキヅキ」とした痛みが引く事で、
それ以上に腫れていく事は無くなります。
その後に熱を持たない腫れた状態となります。
これがむくみなんです。
このむくみが出てきたら、アイシングではなく、
徐々に温めると言う判断になるのですが、その判断をご自身で
するのには、やっぱり迷いと不安がありますよね。

もう少し、深い内容は次回の「その3」で更新したいと思います。

投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862