ハンズブログ

2016年6月 8日 水曜日

冷やすの?温めるの? その2

前回は「急性外傷」について話しました。

急性は冷やす
慢性は温める


では、ギックリ腰の場合は?
これも疑問になりますよね...。

一般的には「急性腰痛」を「ギックリ腰」と言いますが、
専門的に言うと、筋膜炎症性腰痛とも言います。
難しいですよね...。
要するに、筋肉はそれぞれに名称がありますが、
その名称別に、筋膜と言う膜で包まれています。
ギックリ腰で言えば、
その腰周辺の筋肉とその膜に炎症が
出る事で痛みが出ると言う感じです。
ギックリ腰も急性ですから、冷やすのが正解。
貼るのは「冷湿布」と言う事になります。

じゃあいつまで冷やすの?
いつから、温めるの?


ここが難しい所です。
痛みが出たのは、何かしらの原因で
「傷ついた」事での痛み。
その傷が治り始めるタイミングから、
温めるのですが...
これは、中々一般的には分からないのが現状。

ここでプロの目線からでの一言。
ギックリ腰を起こして、痛くて歩けない、
座ってから立つのがキツイ
咳やクシャミでも響いて痛い。
ズキズキ・ギクシャク・グキっと来る。
こんな表現になりますが、
治療していくと徐々に痛みが変化します。
最初は、腰全体が痛くなる。
その後に、
股関節周辺が痛くだるい感じになっていく。
股関節といいましたが、
お尻周辺の筋肉の痛みですね。
このお尻周辺の痛みが始まったら、
ギックリ腰の症状は殆ど
取れてきていると考えていいです。
ギックリ腰の60%くらいは、
痛みからの不安や恐怖感から...
かばう動作での痛みなんです。
専門的には代償性疼痛といいますが、
腰に自信が持てない事で
かばってしまうんですね...
これは、どんなに自分で
「真っ直ぐ」にしたいと思っても、
出来るものではないんですね...。
この、お尻周辺の痛みが始まったら、
温めてもいい時期と判断します。

投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862