ハンズブログ

2016年4月13日 水曜日

疲労とカラダの関係

「疲れ」と一言にいいますが、
単に体力があれば疲れないとは、
中々言い切れない所もありまして、
肉体疲労や精神疲労など、
色々な「疲れ」があったりします。

仕事とは言え、様々な業種がありますが...
デスクワークと言うのは、
その殆どがパソコンでの仕事。
自費診療で来院される患者さんの中にも、
姿勢の悪さを心配して、
姿勢を治したいと言う事で矯正される方、
忙しくて、姿勢を気にしないで仕事に集中しすぎて、
座りすぎによる腰の痛み、下半身の痛みなど。
勤務時間が長ければ、長いほど...
座ったままの姿勢は、
健康を中心に考えれば、
イイ事はありませんね。

少し前に良く耳にした...
「エコノミークラス症候群」と言う名前。
飛行機に長時間座り続けた為に、
静脈血に血栓ができてしまう。
この予防対策は、
水分摂取と時々通路を歩くと言うのが、
代表的な予防法とされています。
中でも、水分摂取はかなり重要な事だと思います。
この事を考えると、
勤務時間中に座って居る状態も、
似たような状態とは言えないでしょうか?
忙しいから、飲み物も摂らず、食事摂らず、
一心不乱に業務に集中することは、
確かに仕事をする姿勢、心構えとしては素晴らしい。
しかしながら、カラダに及ぼす影響は良く無いですよね。
集中力は切れてしまいますが、
時々カラダを動かす事はしましょう。

カラダを動かして、スッキリさせたい。
日頃、動かない仕事をされている方は
そんな風に思う方も多い。
ジョギングやランニングが流行しているのは、
その為だろうと思います。
ただ、そんな気力もない...って方が、
院に来院されて疲労を取る。
日曜に来院される方によく見られます。
運動=血行促進と言う事で、
血行促進することで新陳代謝を上げる。
新陳代謝と難しい言い方をしますが、
単純に血行を良くする事と、
カラダの中のデトックス効果を高めたり、
カラダの細胞の活性化をしたり
することで、細胞組織の再生を活発にする。
要するに活き活きとさせると言う意味も含まれます。
同時に、疲れすぎて緊張が中々抜けず、
しっかりと睡眠が取れない...
そんな方への治療もかなり効果的です。
ストレッチや柔軟体操をマメにして貰えれば、
一番なんですが...中々自発的に出来ない方も多い。
そうした方にも、
全身的な治療及び脊椎・骨盤矯正は効果的です。

投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862