ハンズブログ

2016年3月13日 日曜日

回復する力

少々、ブログ内容が重複する所があります。
言い方を変え、説明を変え、分かりやすい形での説明を
と言う事ですので...よろしくお願いします。
人間には元々備わる回復力があります。
その呼び方は色々な言葉で表現されています。

「自然治癒力」
「自家矯正力」
「応変率」

日本語の難しい所ですが(笑)
どんな病気やケガも自分自身の身体が
持っている回復する力があり
これを使って治す事で、安静にしたり、
症状を抑える薬を飲んだり、
ケガをした場所を固定して安定を図る。
それでより早く治す力を引き出すことが、
治療と言う事になるんでしょう。

長くこの仕事をしていますが...
時々、ホントに驚く程の回復をされる
患者さんも中には居ます。
正直、人間の回復力ってすごいなっ!
と実感する瞬間でもあります。

回復力にも色々なんですが...
子供さんの骨折の場合は、言い方は変ですが...
しっかりと骨折を治さない方が、
しっかりと綺麗の治ると言う事があるんです。
これは、子供さんが持っている
回復する力が旺盛なために、
しっかりと治そうとすると、逆に骨折の場合だと
曲がってしまう事があるからで、
小児の骨折に関しては常識と言われるほどなんです。
これを骨の応変率と言います。
自家矯正力が高いから、
そうなるとされているんです。

同じ骨でも、皆さん興味のある
「身体のゆがみ」「骨盤のゆがみ」で
例を挙げますと、この場合は骨折と違い、
骨と筋肉のバランスの崩れでゆがみを発生し、
そのゆがみを背骨や骨盤のゆがみを取る事で、
本来の正しい姿勢に矯正しようと言う考え方。
小児の骨折と全く逆の考え方で、
この場合はしっかりと治療する
要するに矯正して正しい位置に戻すことが、
治療のポイントになりますが、
背骨や骨盤のゆがみを矯正したら、
もう治る!と言うものでもないんです。

一定期間、身体のゆがんだ状態を「正常」
と判断している身体にとって、
背骨や骨盤の矯正をして、元の位置に戻すと、
生理的に身体は、これまで通りの位置に戻ろうと
してしまう。
身体がこれまでの位置を記憶している関係で、
元に戻ろうとする。
それを何度か矯正したり、緊張している筋肉
を緩めることで、徐々に本来の正しい、
ゆがみのない位置に再記憶させる事が、
大事になってくるんです。
頭の記憶もカラダの記憶も同じで...
反復学習(繰り返し)しないと記憶に残らない。
カラダも同じで、1回では覚えてくれないんです。

人間の身体のバランスと言うのは、
中々自分の思ったとおりにバランス
の取れた通りになりものでもなく、
無意識下でバランスを自然と取っています。
瞬きや呼吸が無意識下でやっているのと
同じことなんです。
瞬きや呼吸を意識してすると...
なんか、変になりますよね?(笑)
矯正に関しては、この小児の骨折の場合の回復力とは、
逆の作用をしてしまうと言う、何度も思い通りに
いかないケースもあります。
無意識に自然体の姿勢で、
綺麗に立てるのがベストですね。

投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862