ハンズブログ

2014年8月 1日 金曜日

夏の養生について

毎日毎日暑いですね・・・この時期には夏バテ、冷房病等、外気温に対応するのが
やっとの身体ですwobbly

夏の養生法について調べました。東洋医学的には夏の邪気とは、≪暑邪≫≪湿邪≫の
二つがあります。これらは胃腸に影響をあたえますsign03

気温が高くなると私たちの身体は発汗によって体温を下げようとしますが、同時にエ
ネルギーを消耗をしています。体内も高温の影響で酵素活動が活発になり益々体力を
奪われます。そして体温が高くなると皮膚血管が広がり皮膚への血流量が増え、逆に
胃腸への血流が不足しやすく消化能力が低下して、益々体力不足になりやすいので
happy01

気温が上昇すると、体温の上昇を防ごうと塩分濃度の高い汗をかいて体温を下げようと
します。このことが体内のミネラルを奪う事になり体液のphバランスを乱す事になる
のですsweat01この時に冷たい物をがぶ飲みすると胃腸が冷えてやられてしまいます。

 養生法としては、暑くても冷たい飲み物の大量摂取を控えて常温か暖かい飲み物を
摂るようにしましょう。そして早めに休むことです。睡眠を充分に摂る事をお勧めし
ますconfident


また高齢者の方や運動不足で新陳代謝の悪い人は、この順応に時間がかかるので急に
沢山の水分を摂る等の無理をすると心臓に負担がかかるので注意が必要です。適量を
少しづつ水分補給を行えるように工夫しましょう。でもやはり風呂上がりの一杯目は
やめられませんね・・・うふふっhappy02

投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862