ハンズブログ

2014年6月 3日 火曜日

救命救急の講習

 先日上級救命救急の再講習を受講し、けが人や急病人が発生救急隊が到着するまでの6~7分間、バイスタンダー(その場に居合わせた人)が応急手当を行う事は、命を救うために最も重要である事を再認識しました。
 突然の心停止に対し前回受講時の心肺蘇生は、胸骨圧迫と人工呼吸が一対になっていましたが、今はとにかく胸骨圧迫を優先するようになりました。

 AEDの使用方法も落ち着いて行えば一切難しい事はありません。皆さんも救命救急の受講会をお受けになってみませんか?

東京防災救急協会
http://www.tokyo-bousai.or.jp/

に詳しく乗っています。



 皆さんは都内に救急車が何台あるかご存じですか?
たったの232台しかありません。
 急な病気やケガをした場合に「救急車を呼んだほうがいいのかな?」と迷った時は

東京消防庁救急相談センター
#7119

でいつでも対応してくれます。救急車の到着時間を短縮するためにも、いつでも必要な時に無駄な119番は控えましょう。


投稿者 株式会社ハンズ

ハンズグループ 新中野整骨院 TEL:03-3382-8862